2016年は、東北に沢山ご縁をいただきました。
特に福島県いわき市では、神戸のNPOよろず相談室の牧さんと一緒におこなった秋祭り交流会が素敵なひとときとなりました。

いわきには、多く原発から避難している方々が住んでおられます。多くの仮設住宅から復興住宅へ移行の途中です。その中でも、秋祭りの会場となったのは、県営下神白団地と市営永崎団地。下神白は、原発直下の町や村から避難している方々の復興住宅。お向かいの永崎団地は、津波被災の人や一般のいわき市の人々。お互いに交流なく、なんだか立場の違いでコミュニティももう一つ。 

 そこで、旅のものがかき回す!私たちの賑やかしと手作り楽器つくりで仲良くなってもらおうじゃないの♪ というわけで、イベントが開催されました。なにより、このイベントを成功させようと、お互いの自治会が沢山話し合い、お近づきになったことがもうすでに、ばっちりでした。おいしい浪江そばもいただきました。また、是非行きたいな!!
その後も仲良くしてね。